ケミカルピーリングというシミ治療

TOP > ケミカルピーリングというシミ治療

シミ治療の一つにケミカルピーリングがあります。

これは肌に残った古くなった角質や毛穴に詰まった汚れをフルーツ酸などを用いて剥がし取る方法で、ニキビやニキビ跡の治療などにもよく用いられる方法です。

本来は残るはずでない古くなった角質が肌内部に残っているのは、ターンオーバーが滞ったことが原因です。

肌の一番外側の角質層は通常28日周期で新しい細胞へ入れ替わっています。

しかし、加齢やストレスなどでこのターンオーバーの周期が乱れることがあり、それが原因で肌細胞の入れ替えが上手くいかなくなり、古くなった角質が残ってしまうのです。



ターンオーバーが乱れると、発生しやすくなるのがシミなのです。
紫外線がシミのもとと言われるのはメラニン色素が原因です。
メラニン色素が悪者と思われがちですが、実は肌を紫外線から守るために大事な役割を果たしているのです。
それに本来であれば肌のターンオーバーとともに肌上部に押し上げられて、垢となって排出されるはずなのです。

つまり問題がターンオーバーの乱れなのです。



ケミカルピーリングで古くなった角質を半強制的にでも取り除くことで、ターンオーバーが正常化しやすくなります。
ケミカルピーリングと言う施術自体でシミまできれいに剥がし取れませんが、その結果ターンオーバーが正常化することで肌に残ったメラニン色素が排出されることで、気になっていたシミがいつの間にかきれいになくなる可能性が高いのです。