自由な墓石のデザイン

###Site Name###

「墓石のデザインを頼みたい。

良い案が浮かばないし、お前が一番見るものだろうから」と父に言われた時は、頭にクエスチョンマークが浮かびました。
よく聞いてみると我が家で新しく墓を買うことにしたので、その墓石のデザインを私に任せたいというのです。

私の墓のイメージは陰鬱で暗いもので、墓石のデザインを考えろと言われても昔ながらの和型で三段墓のものしか思いつきませんでした。

わざわざデザインなんて考えずとも、昔ながらのものでいいじゃないか、という私の胸中などわかっていたのでしょう。

両親は私を購入した墓地に連れ出しました。

正直私の墓地のイメージが変わりました。


明るい日差しの中で、立ち並ぶ墓の数々。

確かに私の見慣れていた三段墓も数多く存在したが、それよりも多かったのが洋型であり、なにより目立っていたのがオリジナルの墓石でした。
碁が好きだった方が眠られているのであろう墓には碁盤を模した墓石がありました。


幼い子供が描いたような和やかなイラストが掘られたもの、故人を偲ぶ言葉が込められたもの、中には芸術家が作ったようなアートスティックなものもありました。


デザインというものに興味を持っていた私は、まるで美術館に来た時のようにそれらを見て回りました。

墓地という死者が眠る場所だというのに、不謹慎にも心が弾みました。

私の目が輝いていたのを見た両親が「うちのはどんなのがいいかな」と言いました。

私達は隣接していた墓地の管理会社で墓石のデザインや素材を話し合いました。
あれがいい、でもこれもいいね、と言葉を交わしていた会社の方に「楽しそうだね」と言われて私は慌てて恥ずかしくなったが、笑いながら続けられた言葉にハッとしました。

「いいことじゃないか。

墓地だからって、必要以上に暗くなることもないだろう。明るい気持ちで、心和やかに供養してもらった方が、眠っている方々も喜ぶだろう。


みんなに胸を張れるお墓にしよう」その言葉で、私は気を引き締めしました。 。

http://www.zensoren.or.jp/dictionary/dictionary_02.html
http://www.tokyo-park.or.jp/reien/park/index079.html
http://www.city.sapporo.jp/hokenjo/f3seikatu/boen/0_boen_top.html

樹木葬情報は必ず役に立ちます。

目的に応じて千葉県の樹木葬の情報がわかりやすく紹介されています。

大阪の遺品整理における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

寺院仏具の最新情報をお伝えします。